高水福祉会について

この地域を「幸せの実感できる満足一番地域に」

社会福祉法人 高水福祉会は昭和55年に設立した旧 長峯学園からスタートをいたしました。ここが我々の原点です。以来、30年。北信広域6市町村の強力なご支援や地域の皆様からの多大なるご協力を賜り、今日に至っております。
当法人は、北信広域で暮らす障がいのある方たちとその家族が、この地域で生まれ暮らして幸せであったと実感できる人生を送って頂くために、存在します。
私たちは、その理念を常に忘れることなく、この地域で求められている役割・果たすべき責務を確認し、目的を見失うことなく日々の実践に励んでおります。
また、職員一人ひとりが障害福祉事業に携わる専門家として、全国的にも通用する知識・見識・能力を身に付けていく努力を怠ることなく、日々研鑽に励んでおります。
そして、地域における様々な関係機関との連携を強固にし、時代と共に変化するニーズを掴みつつ、障がいのある方が北信広域で幸せに暮らすことのできる事業を展開し、それを通しての地域づくりに取り組んで参ります。

高水福祉会 事業の特色

高水福祉会の理念

社会福祉法人 高水福祉会は、北信広域で暮らす、障がいのある方たちとその家族が、この地域で生まれ、暮らして幸せであったと実感できる人生を実現するために存在する。そのために、障がいのある方とその家族のニーズに常に応えていける事業展開に努める。また、障害福祉事業を通じて、障がいのある方が北信地域で幸せに暮らすことのできる地域づくりにも取り組む。

  1. 法人及びそれぞれの事業所は、この地域で求められている役割、果たすべき責務を常に確認し、目的を見失うことなく、日々の実践に当たる
  2. 高水福祉会で働く職員は、障害福祉事業に携わる専門家として、全国水準の知識・見識・スキルを身につけていく
  3. 自立支援協議会を足場に、地域における行政・医療・教育・労働等、様々な関係機関との連携を強固にしていく
  4. 高水福祉会は、以上の理念を堅持しつつも、その理念を形骸化させることなく、時代と共に変化する地域のニーズを掴みつつ、法人事業を検証していく
100点=法人が一体的にできて50点+北信広域が一体的にできて50点

PAGE TOP